不在でも廃車可能

持ち主死亡の車でも廃車や中古買取が可能である

自宅で保有しているといった自動車は大抵家族の誰かが運転しているため急に不要となることは少ないと言えますが、持ち主死亡でもう乗車しない自動車を家庭で抱えることになってしまったというイレギュラーな状況に身をおいてしまうこともありえるでしょう。

不要な自動車があったとしても、その自動車の名義人でなければ廃車処分することも中古車買取店に売却することもできません。

そのため持ち主死亡の自動車があるようなら、まずその自動車の名義人を変更する必要があるということを頭に入れておいてください。

名義人の変更が済めば即日であっても廃車や中古車買取に応じてくれる業者は多いため、無駄な自動車税を支払いたくないといった場合であっても即座に対応してくれると言えます。

では自動車を廃車処分や売却処分するための名義変更とはどのような手順で行えばいいのかというと、まず新しい名義人と故人との家族関係を証明するため戸籍謄本を用意する必要があります。

また実印での捺印が名義変更時には必要となることから、印鑑証明証を発行してもらわなければいけないと言えるでしょう。

残された遺族が数人居るようなら、誰が代表して自動車を引き付くを家族全員納得しているといった照明となる名義人変更同意書も用意しなければいけません。

故人を除いた戸籍謄本に記載されている全員の同意が必要となることが大半なので、しっかり家族間で話し合いを行った上で代表者を決めるといいでしょう。

役所などで必要な書類を入手して、車検書なども持参すれば、たとえ自動車で出向かなかったとしても陸運局で名義人を当たらし方に変えてもらえます。

しかしこの変更手続きはなかり骨が折れる作業だと言える上に陸運局までの道則が分からないといった方もいらっしゃるため、自動車の廃車作業を請け負っている業者や中古車買取専門業者などに名義人変更代行をお願いしてしまうというのもいいでしょう。

当然有料のサービスではありますが、戸籍謄本や印鑑証明証など必要書類さえあれば最短で当日の内に名義人の変更手続きを完了してくれます。

自動車の廃車処分を無料で行ってくれるという会社や業者は全国各地に存在しており、中古車として売却できそうもない古い車であっても無料で処分してくれます。

持ち主死亡で自宅から動かせないといった自動車であっても自宅まで引き取りにきてくれるため、車検切れの自動車も公道を走らせずに処分できるということを記憶しておいてください。”