名義人が他界

名義人が死亡している場合の廃車買取

家族の中で車を所有しながら亡くなってしまうケースは少なくありませんが、そのままでは廃車買取店を使用して売却することはできませんし、下取りでも同じことが言えます。

死亡した場合には一旦名義人を変更してからでなければ廃車でも売却はできませんが、そのためには相続の手続きを行う必要があります。

車といえども財産ですから、相続の権利がある人は全て対象となってしまうのです。

相続人が一人しかいない場合は比較的簡単に手続きが可能ですが、相続権を持つ人が複数いる場合には手続きが難しくなってきます。

財産ですから中には相続して自分のものにしたいという人が出てくる可能性がありますし、車以外の相続では家族や身内でありながら争いが起こるケースもあります。

廃車にするのは処分することを意味しますが、相続権を持つ人の中に相続権を主張し手に入れたいという人がいる場合には、身内だけで対処せずに弁護士などの専門家の力を借りることが大切です。

相続人が複数いる場合には、すべての人から印鑑証明を取得し遺産分割協議書に署名捺印して貰う必要があります。

相続には個人との続柄を証明する必要がありますので、全員分の戸籍謄本が必要になります。

これにより相続人に一旦名義を変更し、その後廃車買取店を利用して処分することになります。

名義変更や売却する場合にも同様の手続きが必要ですから、内容をしっかりと把握し不備の無いようにすることが大切です。

相続人の中で話がまとまらない場合には手続きが行えませんので、専門家の力添えが必要になってくると言えます。

廃車買取業者や自動車販売店では、名義人が亡くなっている場合の対処方法に関して詳しい知識を持っている場合がありますので、相談してみることが大切です。

書類が揃わなければ手続きはできませんので、事前に確認しておいたほうがスムーズに進めることが可能なのです。

故人の所有物を処分するだけですが、車の場合には簡単に売却してしまうことはできませんので、正しい方法について把握しておくことが大切なのです。

無くなった人の車をいつまでも所有していたいと考える人もいますが、税金やメンテナンス費用、駐車場台など費用がかかってしまいますので、相続人が合意の上で処分するのが良い方法なのです。

個人の車を廃車にする場合には、車の価値に関して相場を基に判断しておくことも必要です。

興味のない人には価値がない車でも、愛好者の間では高値で取引されている場合がありますので、すぐに廃車をせずに中古車買取店で査定を受けることが大切です。”