廃車料金を払うより

廃車料金を支払うよりも買取に


10万キロや10年を越えた車に乗っていると、車検のたびにもう一度通すかあるいは廃車にするのか悩んでしまいますよね。

このように走行距離が多い車や古い車というのは、車としての価値がなくなってしまい売りに出そうとしても買取をしてくれる場所が無かったり、車検を通そうにも整備などでお金がかかるため悩んでしまうものです。

それでは、実際にこのような車というのは本当に使い物にならないのかというとそのようなことは無く、世界でも信頼性の高い日本の車というのは10年や10万キロ程度で駄目になってしまうものではないのです。

一般的にはこの辺りがもう寿命だと思われているものですが、それは車という商品としての寿命であって車自体で考えれば整備をすればいくらでも乗り続けることが可能になっています。

それでは整備をして乗り続けた方が良いのかというと、このぐらいの時期になってくるといくら頑丈な日本車といえども消耗部品の交換が必要となってきます。

それらの部品を全て交換していくとなると、それだけで何十万円というお金がかかってしまうものですから質の良い車があふれている日本においてそこまで整備にお金をかけて乗り続けることに意味があるのかということになってきてしまうのです。

それでも整備をすればまた再び、10年、10万キロと走れるようにはなるのですが、多くの人は整備をするよりもお金を出して車を買い替えるという選択を取りがちです。

そうなるとそのような車は廃車料金を払って、廃車にするしかないのかということになってしまいますが、このような車の価値が無いのはあくまでも状態の良い車がたくさんある日本の中だけの話であり、海外にもって行けば日本では値段がつかないような車であっても高値で取引されているということは珍しいものではないのです。

そのため、最近では廃車にするしかないような車であってもこのように海外で販売をする目的として、買取をしてくれる業者が増えてきているため、そのような業者に持ち込んでみれば価値の無いと思っていた車であっても高く買取をしてくれることがあるのです。

普通の中古車屋ではこのような販売ルートを持っていないこともあり、査定をしてもらっても金額がつかなかったりあるいは引き取り料を請求されてしまうこともありますが、海外で販売をするルートを持っている業者であれば、古い車であっても買取をしてくれることがあるので廃車をする前には一度このような場所に持ち込んでみると良いでしょう。”